住宅ローン契約後の貯金額

住宅を購入するために貯金をしている人がいます。
住宅ローンを利用する場合、ある程度頭金として工務店に支払うことができる費用を用意しておいたほうが、住宅ローンの支払い負担額が減少します。

 

しかし住宅ローンの返済期限は、20年〜35年と言われており、およそ30年間の間に突発的な何かが起きないとは言い切れないのです。

 

しかも子どもを養育して行かなければいけないことを考えると、住宅を購入するために貯金をするのであれば、貯金額すべてで住宅を購入する位の気持ちがないと、将来的な不安がとても強いのではないかと考えます。

 

もしも住宅ローンと貯金を併用するのであれば、住宅ローンを1年間支払いつつ、無職でも生活を送れる程度の貯金額を残すことをオススメします。
理想的には住宅ローン契約後、残っている貯金額として400万円程度は手元に残すのがベストでしょう。

 

この貯金はあくまでも住宅購入費用とは別のものと認識するので、住宅購入時に発生する手数料や税金、司法書士手数料などの諸経費は残された貯金から支払わないようにしなければいけませんので、貯金額としては1000万円少々が理想でしょう。

 

もちろん住宅ローンを契約する年齢によっては、貯金額に大きな差が出ることも考えられますので、もしも20代でマイホームを入手するのであれば、ある程度のゆとりを持って最低でも200万円は貯金をして保管できるように、購入物件などを見直すことも必要でしょう。

住宅ローンを貯金なしで契約するのは危険

マイホームを購入するときに、よく耳にするのが「賃貸と同じ金額でマイホーム」や「貯金なし、頭金なしでもマイホームを入手できます」などの甘い言葉をよく聞きますが、本当に貯金なしで住宅ローンの契約ができるのでしょうか。

 

簡潔に答えを言うのであれば、住宅ローンは貯金なしでも契約することができます。 人によっては頭金なしで住宅ローンの契約をすることも少なくありませんので、貯金なしの状態でも、本人に返済能力があれば頭金がない状態でも審査を通過させることが可能です。

 

しかしあくまでも住宅ローンというものは、住宅の購入費用にあてるものですので、住宅を購入する時に発生する諸経費は住宅ローン以外でカバーする必要があります。

 

もちろん住宅ローンのほかにローン契約をするという方法も取れますが、予定していた返済金額よりも高くなってしまう危険性もありますし、住宅を位置から建設している場合は、途中である程度工務店への支払いも発生しますので、分割実行を行う金融機関以外では、つなぎ融資で住宅ローンとは別のローン契約をしなければいけませんから、効率的ではないということが分かります。

 

そのため住宅ローンを貯金なしでも、審査通過することができるかと言えば可能ではありますが、貯金なしの場合はその後の返済に支障をきたすほか、現在住んでいる場所が賃貸なのであれば、賃貸契約を解除するときに退去費用が必要になりますので、貯金なしよりもある程度貯金をしていた方が、貯金分を住宅ローンの返済に充填することも可能になります。

 

ここで借りよう住宅ローンは。

住宅ローンの返済プランで気になる貯金連動型

テレビCMで繰り上げ返済も貯金もできるという住宅ローンが注目されました。
「貯金連動型住宅ローン」という名称の住宅ローンになり、東京スター銀行が初めて導入しました。

 

貯金連動型住宅ローンとは、3000万円の住宅ローンを組んだとして、2000万円の預金によって金利が0円になり、住宅ローンの金利が発生するのは、残り1000万円になるプランであり、住宅ローン最大のメリットである住宅ローン控除については、残高1000万円ではなく3000万円で計算することができるので、月々の返済金額がグンと落ちるメリットがあるのです。

 

最近では東京スター銀行以外にも、地方銀行や外資系銀行でも導入されている住宅ローン返済プランになっています。
貯金金額によっては、メリットをあまり感じにくい部分があり、また金融機関によっても細かい制度に違いがありますから、住宅ローンで貯金連動型を利用する場合は、借り入れ予定の銀行と相談を必ず行いましょう。

 

ちなみにここまで住宅ローンに貯金連動型のメリットばかりを紹介しましたが、もちろん貯金連動型にもデメリットはあります。
まず先ほどの例を参照すると、残り1000万円にのみ金利がかかると紹介しましたが、その金利が通常に住宅ローンで1000万円を借りるよりも高い金利が設定されています。

 

また通常2000万円の預金があれば、それなりに利息が付くのですが、住宅ローン返済中は貯金に利息が付かないというデメリットも存在します。